ここから本文です。

美瑛軟石

美瑛町役場 >  まちの概要 >  まちの概要 >  美瑛軟石

美瑛軟石

美瑛軟石は、明治39年から昭和44年ごろまで採掘が行われ、建築資材や土木資材として広く使用されていました。石質は、大雪山の噴火による火砕流の堆積に よる物で、流紋岩質凝灰岩と呼ばれ石英が肉眼で見えるのが特徴です。

美瑛軟石造りの美瑛駅舎

美瑛駅
昭和63年に改修され、石造りの独特の雰囲気は、美瑛町観光ポイントの一つになっています。ふるさとの駅100選にも選ばれました。

本通商店街

本通り商店街
平成元年から着工した本通土地区画整理事業では、地元の建築協定により建物正面の腰に美瑛軟石などが使用されており、「丘のまち」びえいの特色ある街並みとなっています 。

道の駅「丘のくら」

丘のくら
昭和6年に作られた美瑛軟石を使用した農業用倉庫を物産館として改装し、特産品の販売や地域の食文化の提供・紹介を行い、道の駅「丘のくら」として来訪者との交流の場として利用している。

まちの概要

マイリスト

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る