ここから本文です。

観光業

美瑛町役場 >  まちの概要 >  美瑛の産業 >  観光業

美瑛の観光業

 美瑛町の観光は、雄大な十勝岳連峰の裾野に湧き出る白金温泉を起源とし、山麓に広がる波状丘陵地帯で営まれている農村景観が人々に感動を与え全国的に知られるようになり、「丘のまちびえい」として定着しました。

観光の振興

 観光客入込数は平成18年の114万人が平成26年には179万人となりました。
 こうした背景には農村景観や青い池などの地域資源の特性を生かした観光を掲げるとともに、観光資源の再発掘や農村・農業体験の推進、サイン計画の実施など観光地としての充実を図り、あわせて中心市街地の賑わいづくりの創出や交流施設整備を行い、あわせて中心市街地の賑わいづくりの創出や交流施設整備を行い、市街地の魅力向上を図ったことなどが挙げられます。
 しかしながら、観光客が増加する一方で、農地への無断立入など観光マナー問題が深刻化しており、その対策が必要となっています。

まつり・イベント

 美瑛町の地域資源である美しい農村景観を活用し、魅力あるイベントを開催することで新たな美瑛ファンの獲得や交流人口の拡大につながっています。
 また、町民が主体となり関連団体との連携により「どかんと農業まつり」や「びえい出会いふれあい祭り」等のイベントや、十勝岳の平穏とまちの発展を願い「那智美瑛火祭」を開催しています。
 詳しくはイベントのページをご覧ください。

移住定住

 美瑛町の美しい景観に癒しを求め、道内外の都市部から移住した人、そしてこれから移住を検討している人は少なくありません。
 このような移住希望に応えるとともに、交流人口増加や滞在時間の拡大による経済波及を促すため、移住・定住促進事業を行っております。
 詳しくは移住・定住のページをご覧ください。

白金エリア構想

 十勝岳、オプタテシケ、美瑛富士、美瑛岳、富良野岳の山々からなる秀峰「十勝岳連峰」を一望に見渡せる山麓にある美瑛町には、雄大な展望と良質な泉質を誇る温泉地である、白金地区が存在します。
 白金エリアには数多くの地域資源が存在しており、近年では十勝岳の火山砂防事業によって副次的に美瑛川沿いに創出された「青い池」が幻想的な観光スポットとして新たな魅力となっています。
 これらの様々な地域資源を有機的に結び付け、健康と癒しを提供し、より効果的な連携・情報発信を可能とするリフレッシュゾーンとしてのエリア創出を目指しています。


お問い合わせ

経済文化振興課
電話:0166-92-4321

美瑛の産業

マイリスト

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る