ここから本文です。

美瑛東小学校

美瑛町役場 >  子育て・教育 >  教育 >  小学校・中学校 >  美瑛東小学校 >  発達障害に関する教職員等の理解啓発・専門性向上事業(指定校)

発達障害に関する教職員等の理解啓発・専門性向上事業(指定校)

発達障害に関する教職員等の理解啓発・専門性向上事業

どの子にもわかりやすい環境整備

学校生活をスムーズに安心して過ごせるための教育環境を整備します。
〇美瑛町立美瑛東小学校の取組

          ①                   ②                   ③
カレンダー心の温度計
① カレンダー:「きのう」「きょう」   ② 心の温度計:自分の気持ちとその   ③ 教室の掲示:教室前面は視覚刺激
  「あした」の関係を視覚的にとらえ     様子を視覚的にとらえられるよう     を極力少なくして、児童が授業に
  られるようにしています。         にしています。             集中できるようにしています。
 
          ④                   ⑤                   ⑥
こえのものさしタイムタイマー
④ こえのものさし:その場に合った声  ⑤ 目標・活動の焦点化:学習の計画   ⑥ タイムタイマー:時間の量や経過を
  の大きさを視覚的にとらえられるよ    や今日の活動がわかるような掲示     視覚的にとらえられるようにしてい
  うにしています。            をしています。             ます。

特別支援教育の視点を踏まえた指導実践の共有PDF(1.30 MB)
 

・校務分掌に特別支援教務係(2名体制)を位置づけ、支援の学級及び通常の学級の学習連携・調整や保護者との面談等を行っています。

・幼児機関・中学校との情報交流を積極的に行い、「連続した学び」を意識した学習指導等を計画し、進級時の引継ぎがスムーズに行えるようにしています。

・子どもの行動をよく見取り、積極的にすべての子どもに支援を行う授業を実践しています。

・ICT機器を活用した授業実践を重点的に取り組んでいます。

・子どもの実態を踏まえ、すべての子どもへの支援について弾力的な体制をとっています。

・支援の学級を利用する保護者への進路相談会を開催しています。また、全体学習会や個別の面談でその子の特性に合った学び方や進路について話し合っています。

・校内研修の研究体制は、低・高・支援ブロックで組み、年間を通して1人1授業を中心として取り組み、平成29年度より付箋を使ったKJ法(データをまとめるための手法)による研究協議の取組を行っています。

・必要に応じ、関係機関と連携し保護者支援・児童支援を行っています。
〈主な関係機関〉
 教育委員会(地域支援コーディネーター)、医療機関、保健福祉課(放課後等デイサービス、子ども支援センター等)

Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。


お問い合わせ

美瑛町教育委員会管理課
電話:0166-92-4144

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る