ここから本文です。

災害にそなえる

美瑛町役場 >  災害にそなえる >  防災施設

防災施設

十勝岳防災シェルター

シェルター外観
  突発的な噴火による噴石から身を守る緊急避難施設(避難シェルター)です。
 非常品や食料などを備蓄しているほか、非常用発電機も設置されており、即時救出が困難な場合には、一時滞在施設としての機能を兼ね備えます。
シェルター内観
 トイレ、避難スペースは24時間開放しており、大型モニターによる火山の監視映像や火山活動・気象情報等の表示による情報発信も行っております。

冬季閉鎖期間

平成28年12月30日(金)から平成29年4月28日(金)まで。
平成29年度の開館は4月29日(土)14時からとなります。
※積雪状況により閉鎖期間は変動します。予めご了承ください。
※望岳台までの道路については平成29年4月20日(木)より通行可能です。
防災シェルターからの眺め1
防災シェルターからの眺め2
施設屋上からは十勝岳周辺を一望でき、美しい景色を見ることができます。

所在地

北海道上川郡美瑛町字白金

十勝岳火山砂防情報センター(ヴォルガ)

十勝岳火山砂防情報センター(ヴォルガ)
 十勝岳では、1988年の噴火を機にワイヤーセンサー、振動センサー、監視カメラなどを設置し、これらの情報は十勝岳火山砂防情報センター(ヴォルガ)で集中監視されています。
 この施設は、最も危険性が高い白金温泉地区に位置し、噴火および泥流の発生が予測された場合には、最前線の対策本部として機能すると共に、地域住民の一時的な避難所としての役割も果たします。また通常は、展示室を一般の見学者にも開放し、十勝岳の噴火の記録や火山砂防事業などを学ぶことができます。

入館時間

5月〜10月 午前8時30分から午後5時まで
11月〜4月 午前10時から午後4時まで

休館日

5月〜10月 無休
11月〜4月 毎週火曜日(12月28日〜1月6日は休館)

所在地

北海道上川郡美瑛町字白金
電話 0166-94-3301


お問い合わせ

総務課 総務係
電話:0166-92-4316

災害にそなえる

マイリスト

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る