ここから本文です。

災害にそなえる

美瑛町役場 >  災害にそなえる >  弾道ミサイル落下時の行動について

弾道ミサイル落下時の行動について

近年、北朝鮮は弾道ミサイルの発射を頻繁に繰り返していることから、万が一弾道ミサイルが落下した場合に備えた行動についてお知らせします。
  1. ミサイルが日本に落下する可能性がある場合、Jアラート(※1)により防災行政無線の戸別受信機や屋外スピーカーから特別なサイレンとともに緊急情報(自動音声)が流れます。
  2. 緊急情報が流れたら、直ちに以下の行動をとってください。
[屋内にいる場合]
できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動する。
[屋外にいる場合]
近くのできるだけ頑丈な建物に避難する。
近くに適当な建物がない場合、物陰に身を隠すか地面に伏せ頭部を守る。
※車内にいる場合は、車を止めて屋外にいる場合と同様に避難する。
 
  1. ミサイルの着弾後は、テレビ、ラジオ、インターネットなどを通して情報収集に努め、行政からの指示に従って、落ち着いて行動してください。

近くにミサイルが着弾した場合

屋内にいる場合

換気扇を止め、窓を閉め、目張りをして室内を密閉してください。

屋外にいる場合

口と鼻をハンカチで覆いながら、現場から直ちに離れ、密閉性の高い屋内または風上に避難してください。
 
詳細については、国民保護ポータルサイトをご覧ください。

※1 J アラートとは、自然災害や武力攻撃の発生等の対処に時間的余裕がない場合に、国が市町村の防災行政無線等を自動起動させ、緊急情報を即時に住民に伝達するシステム。
 


お問い合わせ

総務課 総務係
電話:0166-92-4316

災害にそなえる

マイリスト

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る