ここから本文です。

地域福祉・生活保護

生活保護

生活保護

病気で働けなくなり、蓄えも底を付き、住宅の家賃も滞納し、このままでは住む場所まで失ってしまう。頼れる親兄弟もいない。友人にはこれ以上迷惑はかけられない。

夫の暴力に耐え切れず、逃げ出したい。でも、小さな子供がいて働く事ができない。アパートを借りるだけの蓄えも無い。今のまま、我慢しつづけるしかないのかしら。

年金で細々と暮らしていたが、最近では病院の医療費も馬鹿にできない値段となり、体の自由も効かなくなってきた。妻と二人で、これからの生活をどうしていったらいいのか、途方にくれている。

生活保護制度というのは、こういったピンチを救う最後の砦です。憲法にも規程されている「日本国民として健康で文化的な最低限度の生活」を営むために必要な生活費、その最低水準を保障する...こんな風に書くと堅苦しいですが、要は、ピンチを乗り切るために手伝うのが生活保護というサービスです。


お問い合わせ

保健福祉課 社会係
電話:0166-92-4245

地域福祉・生活保護

マイリスト

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る