ここから本文です。

農林課からのお知らせ

美瑛町役場 >  まちの概要 >  美瑛の産業 >  美瑛の農業 >  農林課からのお知らせ >  美瑛町公共施設(四季の交流館)の利用団体等を募集します

美瑛町公共施設(四季の交流館)の利用団体等を募集します

美瑛町公共施設(四季の交流館)の建物等(「建物、附帯駐車場、広場等」(以下「施設」という。)を有効活用し地域振興を図るため、広く一般から施設を利用する個人・団体等を募集します。

施設の概要

四季の交流館
  1. 名称 美瑛町農産物直販施設(四季の交流館)
  2. 所在地 北海道上川郡美瑛町字新星みどりヶ丘
  3. 建物概要
    1. 建物(平成8年築R造2階建)…1階153.32㎡・2階192.81㎡
      • 1階…約5.5坪×4ブース(流し台・給排水・カウンター付き)
      • 2階…フリースペース、厨房、トイレ他
    2. 附帯駐車場…乗用車75台、交流広場(インターロッキング)
    3. 遊歩道…延長約1,600m(耕地防風林地内)
    4. 広場…約2.5haの立ち入り可能な草地
  4. 敷地面積 31,661㎡
  5. 都市計画区域内(用途指定なし)

応募資格

どなたでも応募できます。( 法人、任意団体、個人を問いません。)
ただし、下記1~5に該当しないことを条件とします。
  1. 次のいずれかの者、又は次のいずれかの者を役員に置いている団体、法人
    • 公の施設の管理を行うために必要な契約等を締結する能力を有しない者
    • 破産者で復権を得ない者
  2. 破産手続開始の決定を受けた法人又は清算法人
  3. 国税及び地方税を滞納している者
  4. 地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4第2項(同項を準用する場合を含む)の規定により、一般競争入札の参加を制限されている者
  5. 地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第11項の規定により指定の取消しを受けたことがある者

施設利用者が行う利用計画の内容

施設の利用計画は、公序良俗に反しないもの、 政治活動を伴わないもの、非宗教的なもので、町の振興及び活性化に資する下記の条件を原則すべて満たしていることとします。
  1. 町の産業振興、又は福祉の向上に資する利用計画であること
  2. 地域との調和や地域振興に資する利用計画であること
  3. 継続性や雇用など波及効果のある利用計画であること
  4. その他、町の発展や住民サービスの向上に資する利用計画であること。

施設利用の条件

  1. 一括利用が望ましいですが、利用計画の内容如何により、一部利用も可とします。また、地域事情により、一部利用できない可能性があります。
  2. 施設の占用料は、「美瑛町千代田公園の設置及び管理に関する条例」に基づきます。
  3. 維持管理費は、施設利用者の負担とします。
  4. 施設利用者から利用の権利を他人に譲渡又は転貸することはできません。
  5. 施設利用者が施設に改修を加えるときは、事前に町の承認を得なければなりません。
  6. その他、施設利用者は、地方自治法、補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律、都市公園法及びその他関係法令等を遵守してください。

利用期間

原則、利用開始から3年間としますが、利用期間は町との協議により延長することができます。
なお、利用計画の内容により、利用決定から開始までの間、関係省庁からの認可等に一定期間を要する場合があります。

申請受付期間

平成29年5月25日から平成29年9月30日まで

提出書類

施設利用計画書(別記様式第1号)DOC(51.00 KB)
施設利用計画書(別記様式第1号)PDF(118.11 KB)
ただし、必要に応じ、次の書類の提出を求める場合があります。
  1. 申請資格を有していることを証する書類
    • 当該法人の登記簿謄本
    • 国税及び地方税の納税証明書
  2. 施設で運営する事業等の実施計画書
    • 事業実施に係る基本方針
    • 当面の事業計画
    • 人員体制について記載した書類
  3. 当該団体の経営状況を説明する書類
    • 前事業年度の収支(損益)計算書等
    • 前事業年度の貸借対照表及び財産目録等
    • 現事業年度若しくは翌事業年度の収支予算書等
  4. 定款、寄附行為、その他団体の目的、組織及び運営の方法を示す書類等
    • ※関係書類については、反社会的勢力 等を排除するため必要に応じ警察署等に照会することがあります。
  5. その他、町が必要と認める書類

選定方法及び選定基準

申請締切後、町は職員及び関係者等からなる選定委員会を設置し、書類審査及び面接等により下記選定基準に基づき施設利用候補者の選定を行い、地元説明会を開催し、選定した利用計画について地元に説明、協議します。その可否について申請者に通知いたします(別記様式第2号)。
  1. 施設の運営が、上記第3項及び第4項に沿った利用を確保することができるものであること。
  2. 施設利用計画書の内容が、施設の効用を最大限に発揮させるものであること。
  3. 施設利用計画書に沿った管理を安定して行う人員、資産その他能力を有するものであること。
  4. 施設利用計画書の内容が、施設の管理に係る経費の縮減が図られるものであること。
  5. 前号に掲げるもののほか、施設の性質又は目的に応じて定める基準を満たすものであること。

利用の決定

町は、選定された施設利用候補者と双方協議の上、利用を決定(許可等)します。

応募にあたっての留意事項

  1. 提出された応募書類の内容を変更、修正することはできません。
  2. 応募書類に虚偽の記載があった場合は失格とします。
  3. 提出された応募書類は返却いたしません。
  4. 申請後に辞退する場合は、辞退届(様式任意)を提出してください。
  5. 応募に係る経費は、すべて応募者の負担とします。

申込み・問合わせ

〒071-0292北海道上川郡美瑛町本町4丁目6番1号
美瑛町役場農林課
電話:0166-92-4391 FAX:0166-92-4414
E-mail:美瑛町役場農林課・お問い合わせフォーム

 
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

農林課からのお知らせ

マイリスト

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る