ここから本文です。

子育て

美瑛町役場 >  子育て・教育 >  子育て >  幼児教育・保育の無償化

幼児教育・保育の無償化

幼児教育・保育の無償化について

令和元年10月1日から全国で幼児教育・保育の無償化が始まりました。
概要については以下のファイルのとおりです。
幼児教育・保育の無償化の概要

無償化の対象範囲や金額は、教育・保育施設などの種類や保育の必要性の有無、住民税の課税状況により異なります。内容については以下のとおりです。

幼稚園、保育所、認定こども園などを利用する子ども

3歳から5歳(就学前3年間)までの全ての子どもの利用料(保育料)が無償化されます。
※幼稚園は入園できる時期に合わせて満3歳から無償化されます。
0歳から2歳までの子どもの保育料は、住民税非課税世帯の子どものみ無償化されます。

食材費について

ご飯などの主食費、おかず、おやつ代などの副食費は施設による実費徴収となります。
※保育施設に通う0歳から2歳までの子どもの食材費については、保育料に含まれているため徴収しません。

副食費の免除及び助成について

副食費の免除

年収360万円未満相当世帯の子ども及び全ての世帯の第3子以降の子ども(1号認定は小学3年生以下、2号認定は就学前の子どもの最年長を第1子とする)の副食費は全額免除となります。

副食費の助成

幼稚園や認定こども園、保育所を利用する全ての子ども(免除対象となる子どもを除く)にかかる副食費は施設による実費徴収となりますが、施設の定める額の2分の1(月額上限2,300円)を町独自で助成します。
 

幼稚園・認定こども園の預かり保育を利用する子ども

最大月額11,300円(日額上限450円)までの範囲で無償化されます。
※無償化の対象となる子どもは、保護者の就労、妊娠、家族の介護など保育の必要性のある子どもで、町から保育の認定を受ける必要があります。(新2号認定)

町外の施設及び認可外保育施設を利用する子ども

保健福祉課社会係までご相談ください。

保健福祉課社会係
電話:0166-92-4245

児童発達支援を利用する子ども

就学前3年間の利用料が無償化されます。
保健福祉課福祉係までご相談ください。

保健福祉課福祉係
電話:0166-92-4338

お問い合わせ


どんぐり保育園、へき地保育所に関わること
美瑛町保育センター
電話:0166-92-1577

幼稚園、認定こども園、その他の施設に関わること
保健福祉課社会係
電話:0166-92-4245

子育て

マイリスト

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る