お知らせ

新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ

ここから本文です。

移住者の声

美瑛町役場 >  移住・定住 >  移住者の声 >  移住者の声~ウベル アレキサンダーさん~

移住者の声~ウベル アレキサンダーさん~

 ウベル アレキサンダー さん

 
 2020年に神奈川県から移住したウベルさん。海外出身のご主人と首都圏出身の奥様、3人の可愛いお子さんの5人家族。美瑛町に移住されたきっかけや子育て環境について語っていただきました。

美瑛町へ移住したきっかけは?

 4~5年前から移住フェアに参加をして、自然溢れる移住先を探していました。北海道は海を渡らないといけないので尻込みしていたけど、本州には自分たちの求める自然がなかったので思い切ってみました。
 これから子供が育って、進学をする時に家族がバラバラになってしまうのを避けたかったので、札幌市や旭川市に通学可能なエリアで探し始めたんです。それと、コロナ禍で主人の故郷に帰れなくなったこともあって、ヨーロッパの風景に似ているまち“美瑛町”に移住することに決めました。

    移住をしてみて何か変わりましたか?

 ここには週末限定の自然ではなくて、通勤途中も、家の窓からも自然を楽しむことができています。自然に囲まれたこの生活で心が豊かになって生活のクオリティが上がったと実感しているところです。景色が綺麗すぎてただただボーっとすることができる。こういう時間が大切だと感じられるようになりました。都心での時間に追われる日々から解放されて、常に心がリラックスできて、まるでスローライフを送っているような感じがする。 

   移住をする際に困ったことはありますか?

 引っ越しが大変だったくらいで、他にはないかな。実際に住んでみてから困ったことは、町内に1か所ある独特な交通ルールの交差点(4方向に止まれの看板が設置されている)があって最初はよく分からなかった。 

  生活環境が変わり、子供たちの様子はどうですか?

 美瑛町の子育て環境はとても良い。幼稚園の教育は勉強だけでなく、自然の中でみんなと遊ぶことで得られる“非認知力”を伸ばすことにも力を入れている。そのせいか人見知りをする子が少なくて、私の子供はすぐに幼稚園に慣れて楽しく過ごしています。それから、子供たちは初めての雪国の生活に戸惑うことなく、毎日雪遊びをしています。
※非認知力とは、IQや点数等の数字で表すことができる認知力とは異なる「集中力・忍耐力・思いやり・協調性・対応力・行動力」のことを言います。 

  冬の生活に慣れましたか?

 思ったほど寒くはないと思う。雪かきはそんなに大変ではなく、むしろ楽しい。雪道の運転も慣れてしまえば不安を感じなくなった。家や車の中はいつも暖かいから、外気温が-5℃や-10℃でもあまり気にならなくなった。 

 これから移住する方に向けて、冬の生活や移住に関するアドバイスはありますか?

 お子さんがいる家庭は、子供用のジャンプスーツがあったほうが良いと思う。地元のコミュニティに入れば、おさがりをもらえることもある。それから、大人も子供もウィンターブーツのようなすべり止めのついた靴の準備が必要。一面真っ白の世界だから、雪道を運転するときは太陽光の照り返しでまぶしいからサングラスが必須! 冬の生活や移住に不安を感じると思うけど、役場にサポートをしてくれる専門の相談員の方がいるので何でも聞いてみたほうが良いと思う。

お問い合わせ

まちづくり推進課 移住定住推進室
電話:0166-74-6171

移住者の声

マイリスト

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る